人間の腸内には約500種類、10兆億個の細菌が存在しています。これらは体に良い働きをするものと、反対の健康を阻害するもの、どちらでもないものに分類されます。

 
健康に役立つものは善玉菌と呼ばれます。その性質は、乳糖やブドウ糖を利用して増殖し、酸を産生します。

 

これにより器官内を酸性にして、健康を阻害する悪玉菌の増殖を抑えます。

 

蠕動運動を活発にさせ、消化を助けます。悪玉菌を減らすので、間接的に悪玉菌がもたらす病気を予防する働きがあります。コレステロールから合成される胆汁酸と結びついて、その排出を促したり、有害物質を吸着して肝臓の負担を軽減します。ビタミンの合成および吸収を助け、栄養不足を補う効果も期待されています。

 
一般に良く知られている種類には、乳酸桿菌(ラクトバチルス)、乳酸球菌(ラクトコッカス)、ビフィズス菌があります。

 
乳酸桿菌は棒状の形で、酸素がなくても生育し、主に小腸に存在して乳酸を産生し、腸管免疫を高め、悪玉菌を減らします。代表的なものはラブレ菌種です。

 
乳酸球菌は、球状の菌で、免疫力を高めます。代表的なものはラクリス菌です。

 
ビフィズス菌は増殖する時、V字型やY字型に枝分かれした形状を示すのが特徴です。

 

酸素があると生育できず、主に大腸に住み、悪玉菌の排出に効果があります。