ビフィズス菌は腸内に生息する菌として一番メジャーな菌の一つです。悪い菌とは違い、赤ちゃんの時には腸内に99%近く住んでいる善玉菌としても有名です。

 

ここ数年では腸内環境を正常に保つだけでは無く、花粉症など幾多のアルルギー反応を緩和するという大きなメリットを発揮する菌として注目されています。

 

さらにサプリメントだけではなく最近ではヨーグルトなどで簡単に普段の食生活に取り入れられる菌とされてます。

 

しかし加齢とともにどんどん含有率が低くなり、さらにサプリメントやヨーグルトなどで接種しても熱に弱く腸に行くまでにほとんどの菌がなくなってしまうほど繊細な菌の為、含有率を保つのが非常に困難な菌の一つです。

 

しかし最近のサプリメント等は今までとは違い生きて腸まで届くという事が必須条件になっている為、そういった製品を積極的に取り入れる事が重要だと思います。

 

腸内細菌は脳よりも重要とされた文献が多数でています。

 

菌の効果を存分に発揮するため、腸内環境をいい状態で保つ為の食生活も必要です。

 

食生活の安定とサプリメント等で日常的に菌を接種する事により、腸内環境が正常に保たれ体内の毒素を出すという体の断捨利も日常的に行うといつもとは違った気分で朝を迎えれるのではないでしょうか。