最近、よく聞く言葉に腸内環境の正常化というのがあります。

 
ストレスやさまざまな細菌で、乱れた腸を元の状態に戻して活性化させることです。

 
腸の調子が、悪くなると急性の下痢や便秘を引き起こします。

 
そうして、その状態が何日も続くと次に慢性化していきます。

 

 

腸の中でも、最も重要な部分は大腸に当たります。
ここには、普段から悪玉菌と善玉菌が存在しています。

 
この腸内のバランスが崩れて悪玉菌が増えると、色々な不都合が起きるのです。
このバランスを、正常に保つために活躍するのが善玉菌を増やす事になります。

 
どうすれば、善玉菌が増えるのかを考えてみるとまず、エサになるオリゴ糖などの成分を身体に取り入れることから始めます。

 
それらの成分を、含むものに食品なら大豆類はとても身体だけでなくお腹にもいいものです。

 
腸内環境が、正常に働きだすと女性にはうれしい美肌の効果も出てきます。
吹き出物の原因になる、便秘をしなくなるからです。

 

 

肌年齢と、腸年齢は比例します。

 
腸が元気な事は、全てに置いての基本事項です。
身体の内側からの、肌のケアは重要な事です。

 
肌は、ストレスにも弱いですが腸が元気ならそれに負けることはありません。
身体だけでなく、お肌のためにも腸内環境は維持したいものです。

便秘の改善の方法の一つとして有名なのが、十分な水を飲むということです。

 
摂取した食物が大腸に運ばれて便を形成する際に必ず必要となるのが水です。
便は大腸で形成され、排出されるまでに大量の水を吸収します。

 
もし大腸に水が足りていなければ便は小さく硬いものになり、排出が困難になってしまうのです。

 
また十分に水を摂取することは腸の蠕動運動を活発化させ、便をスムーズに出す働きをします。

 
便を出すためには食物繊維が必要、とはよく言われますが、食物繊維は便を形成するのには役立ちますが、排出する際には必ず水が必要なのです。

 
そのため、腸の働きを改善するためには一日最低1,5リットルから2リットル程度の水を飲むことが推奨されます。

 
しかし、水ではなくお茶やコーヒーから水分を撮っているという人は要注意です。
お茶やコーヒーには強い利尿作用というものがあります。

 
例えば2リットルのお茶を飲んだとしても、利尿作用によりそのうちの多くは尿として排出され、大腸にとどまらないのです。

 
ですので水分補給をする際には、お茶やコーヒー、紅茶といった利尿作用のある飲料は避け、カフェインの入っていないミネラルウォーターやスポーツドリンクなどを利用しましょう。

肌荒れがなかなか治らない、くすんでいる、大人ニキビが頻繁に起こる、洗顔料や化粧品を変えてみても改善しない。

 

こんなときは腸内環境を整えることが解決につながるかもしれません。

 

肌の状態は腸の状態とも大きく関わっているのです。

 

 

腸内環境が良好だと肌の調子がいい、ということは誰でも経験上知っているかもしれません。便秘が続くとニキビができる、などは分かりやすい現象です。

 

 

肌年齢とはキメや水分量などを測定して実年齢との比較をしたものですが、腸にも目安となる年齢があります。

 

 

では、腸年齢とはどうやって知ることができるのでしょうか。

 

 

腸の中には様々な菌がもともと住んでいますが、悪玉菌と善玉菌というのがあり、このバランスが崩れ悪玉菌が増えると便秘や下痢などの症状が出てきます。赤ちゃんや子供では善玉菌の方が多いので腸が若いということは善玉菌が多く働いているということになります。腸が若返れば肌年齢のマイナスになるのです。

 

 

善玉菌を増やすために良い食品としてヨーグルトがあります。

 

便秘は悪玉菌を増やす原因になりますので繊維の多い食品や水分を多くとることも大切です。適度な運動や睡眠、ストレスを溜めない規則正しい生活などを心がけることで腸も肌も若返るはずです。

まず、免疫力アップやアレルギー改善には、生菌より死菌のほうが有効です。

 

菌体とは各種微生物の菌、そのもののことをいいます。したがって、細胞壁の構成物質や細胞内のタンパク質、核内DNAなど菌由来のすべての成分が菌体成分です。

 
特に、発酵の過程で死滅した酵母などの菌体などのことをいいます。免疫細胞を活性化する免疫強化物質であるBRMとして働き、免疫の活性化やアレルギーの抑制などに活躍します。

 
生菌が整腸作用で間接的に健康的に働きかけ、4日ほどで排便されてしまうのに対して、死菌は腸内で腐敗し、その成分が腸内に吸収され直接的に働きかけます。

 
ヨーグルトやヤクルトなど動物性のものと、植物性のものがあり、最近ではナノ型のサプリも登場し、値段は高めですが、それ相応の効果があるようです。

 
こういった作用を売りにした商品で有名なのが、ヤクルト400です。生きて腸まで届くというキャッチコピーで人気商品となっています。

 
腸内環境を整えるにはどちらか一方のみの摂取ではダメで、生菌、死菌の両方ともバランスよく摂取することが大切です。ヨーグルトやヤクルトなどに加え、サプリメントも摂取することで、より一層の効果が期待できます。

人間の体は外界から異物に晒されています。特に消化管の中は食物と一緒に多量の微生物が繁殖しています。

 

したがって感染の脅威が常にあるといってもいいでしょう。腸管には多くのリンパ節があり、取り込んだ異物と反応する抗体を粘液とともに分泌しています。

 

このことにより、成立する免疫を腸管免疫と言いい、人間の免疫系のなかの大きな部分を占めております。このことにより、われわれの腸管は微生物の感染を防いでいます。

 

 

腸管免疫は、腸にあるリンパ節に微生物由来の抗原を取り込むことからはじります。

 

取り込まれた微生物は、特異的な部位をリンパ球が認識することにより、その微生物に対する抗体が生産されます。この抗原は死菌の菌体成分にても成立します。

 

細菌ではないですが、小児マヒのワクチンで生ワクチンという、ウイルスの菌体成分を利用するものがあります。これはウイルスのたんぱく質を抗原にして抗体を作る方法です。

免疫系は過剰に働くと、アレルギーなどの過剰な免疫や、自己免疫性疾患を引き起こすことがあります。

 

食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などが有名なところです。

 

腸の中のバランスが崩れるとこの免疫系にも失調が起こるので、おなかの健康は大切にしたいです。

腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という菌が存在しており、約200から300種類以上、100兆個も住んでいます。

 
この中には、体によい働きを行う善玉菌が腸内細菌全体の約2割あり、マイナスに働く菌が悪玉菌で約2割、どちらにもなりうる日和見 菌が約6割ほどが存在しています。

 
日和見 菌は名前の通り、善玉菌が優勢な時は善玉菌へ、悪玉菌が優勢の時は悪玉菌へ転身するという、強い勢力の方に味方し、バクテロイデス、ユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌などがあります。

 
バクテロイデス菌は発ガン性物質を作り出すなど、悪玉菌のような働きもしますが、ビタミンを合成や感染防御するなど体に良い働きをします。

 
善玉菌が活性化する食べ物を摂取すれば善玉菌に加担し、病気に対する抵抗力をつけ、抗生物質による副作用を少なくしたり、腸内を掃除して消化吸収をサポートする役割を行い、健康的な便を作り出し、排泄をスムーズにさせてくれます。

 
また、糖類を素に、代謝酵素や消化酵素の産生を行うため、ダイエット効果も果たします。

 

 

悪玉菌が優勢になると、下痢や便秘を引きお越し、肌荒れやニキビなどの肌トラブルや体に悪影響を与えます。

 

 

善玉菌を増やすと、整腸作用により、健康効果や美容効果が高まるため、意識的に、ヨーグルト、チーズ、納豆、漬物、オリーブオイルなどの善玉菌を増やしてくれるや食物繊維の多い食品を摂取することがよいでしょう。

私達人間の腸の中には体に悪い影響を及ぼす悪玉菌が存在しており、便やおならが臭う原因の元でもあります。

 

日本人は昔と比較すると食物繊維を摂る量が減り、食事で肉を食べる機会が増えたことから、この菌が増えたと考えられています。

 

菌と言っても多くの種類がありますが、誰もが知るものの1つに大腸菌があります。

 

その他にも発がん物質を産みだすウェルシュ菌や胃の粘膜に生息し胃潰瘍や胃がんの原因ともなるピロリ菌、食中毒を引き起こすブドウ球菌などもあります。

 
菌が増殖する原因にはストレスや偏った食生活、睡眠不足などが考えられ、菌の増殖によって引き起こされる体の重大トラブルの1つに大腸がんがあります。

 

女性が罹患するがんの1位は大腸がんだと言われていますが、女性は便秘になりやすいことからこの理由も納得できます。

 

この菌を減らすための方法の1つは善玉菌を増やすことです。そのためには食品やサプリメントから摂取しなければならず、食品であればヨーグルトなどの乳製品に善玉菌が多く含まれています。

 

また冷たい温度で生き続ける性質があるため体を冷やさないこと、そして規則正しい食生活と適度な運動を取り入れ、ストレスを溜めないことが今体の中にいる善玉菌を減らさないためのコツです。

人間の腸内には約500種類、10兆億個の細菌が存在しています。これらは体に良い働きをするものと、反対の健康を阻害するもの、どちらでもないものに分類されます。

 
健康に役立つものは善玉菌と呼ばれます。その性質は、乳糖やブドウ糖を利用して増殖し、酸を産生します。

 

これにより器官内を酸性にして、健康を阻害する悪玉菌の増殖を抑えます。

 

蠕動運動を活発にさせ、消化を助けます。悪玉菌を減らすので、間接的に悪玉菌がもたらす病気を予防する働きがあります。コレステロールから合成される胆汁酸と結びついて、その排出を促したり、有害物質を吸着して肝臓の負担を軽減します。ビタミンの合成および吸収を助け、栄養不足を補う効果も期待されています。

 
一般に良く知られている種類には、乳酸桿菌(ラクトバチルス)、乳酸球菌(ラクトコッカス)、ビフィズス菌があります。

 
乳酸桿菌は棒状の形で、酸素がなくても生育し、主に小腸に存在して乳酸を産生し、腸管免疫を高め、悪玉菌を減らします。代表的なものはラブレ菌種です。

 
乳酸球菌は、球状の菌で、免疫力を高めます。代表的なものはラクリス菌です。

 
ビフィズス菌は増殖する時、V字型やY字型に枝分かれした形状を示すのが特徴です。

 

酸素があると生育できず、主に大腸に住み、悪玉菌の排出に効果があります。

ビフィズス菌は腸内に生息する菌として一番メジャーな菌の一つです。悪い菌とは違い、赤ちゃんの時には腸内に99%近く住んでいる善玉菌としても有名です。

 

ここ数年では腸内環境を正常に保つだけでは無く、花粉症など幾多のアルルギー反応を緩和するという大きなメリットを発揮する菌として注目されています。

 

さらにサプリメントだけではなく最近ではヨーグルトなどで簡単に普段の食生活に取り入れられる菌とされてます。

 

しかし加齢とともにどんどん含有率が低くなり、さらにサプリメントやヨーグルトなどで接種しても熱に弱く腸に行くまでにほとんどの菌がなくなってしまうほど繊細な菌の為、含有率を保つのが非常に困難な菌の一つです。

 

しかし最近のサプリメント等は今までとは違い生きて腸まで届くという事が必須条件になっている為、そういった製品を積極的に取り入れる事が重要だと思います。

 

腸内細菌は脳よりも重要とされた文献が多数でています。

 

菌の効果を存分に発揮するため、腸内環境をいい状態で保つ為の食生活も必要です。

 

食生活の安定とサプリメント等で日常的に菌を接種する事により、腸内環境が正常に保たれ体内の毒素を出すという体の断捨利も日常的に行うといつもとは違った気分で朝を迎えれるのではないでしょうか。