サプリメントやヨーグルトなどの健康食品から気軽に摂取でき、健康促進に役立つことで注目されている乳酸菌。
その種類は非常に多く、現在では30以上の種類が確認されています。
その中でも有名なものといえばビフィズス菌やヤクルト菌、ラブレ菌などがあります。
代表的な健康効果といえばまず成長作用が挙げられますが、実は便秘解消など以外にも様々な効果が期待されます。
腸内の環境を改善すると同時に、様々なビタミンを作り出して体内に供給するという性質から美肌効果をもたらしたり、また町内の善玉菌を増やすことで病原菌から体を守り、免疫力もアップさせます。

 

mama01_m
その他にも発がん性物質の抑制やアレルギーの改善など様々な面で役に立ち、まさに現代人の救世主と言える菌なのです。
摂取の仕方としては、複数種の菌を同時に摂ることが推奨されます。
というのは実は菌の中には善玉菌を増やす一方で逆に腸内のビタミンを吸収してしまう性質を持ったものもあり、特定の種類のみを摂取しているとビタミン不足に陥る危険性も考えられるからなのです。
そしてもうひとつ摂取する方法のポイントとしては、腸まで生きた状態で届く形に加工された製品を選ぶこと。
健康食品などから菌を摂取しても消化の過程で胃酸などにより菌が死滅してしまう場合もありますので、サプリメントなどを選ぶ際には生きて腸まで届くという製品の特徴が記載されているものを購入しましょう。